自損事故 | 焼津市交通事故治療.com

自損事故

このようなお悩みはありませんか? | 焼津市交通事故治療.com

このような症状でお悩みではありませんか?
  • 誤ってガードレールにぶつかった際、「むちうち」になってしまった
  • ブレーキミスで壁にぶつかってしまい、それ以来調子が悪い
  • きっちりと治療したいがお金がない
  • 自分のミスによる事故なので、入っている保険が使えるのかわからない
  • 受診した病院で薬は貰えるが治療はしてもらえず不安

「自損事故」とは? | 焼津市交通事故治療.com

よく聞く自損事故とは、例えばガードレールにぶつかって、「むちうち」になってしまったとか、溝に落ちた際に肩を強打して骨折してしまったなど、車両を運転している人が、“単独”で起こしてしまった事故のことを言います。

そのために、当然事故の相手はいません。事故の結果、ご自身のみがケガを負ってしまうため、けがをさせた相手がいないこと自体に安堵しがちです。

ですが、人通りのある・ないにかかわらず、車で事故を起こしてしまうと、大変危険なのは変わりません。ここ最近は車の性能が上がっていることで年々事故は減っていますが、まだまだ車を運転するのが人間である以上、咄嗟の判断ミスや予想外の事故は絶えないのが現状です。

もし自損事故で負ったケガを「放置」していると起こる怖い出来事 | 焼津市交通事故治療.com

事故の程度に関わらず、一旦事故を起こしてしまえば、身体は少なからず何らかの衝撃を受けていることでしょう。事故を経験した人の多くは、事故直後は痛みなどを感じず、2~3日経っても症状を感じなければ、受診すらしないのです。確かにそうかもしれませんが、実はそれは『誤り』であると言い切れます。

その理由は、身体に異常が“ない”のではなく、脳がアドレナリンを放出することによって痛みを“感じなくなっている”だけだからです。事故後、数日から数週間経ってから痛みや症状を感じる方も多くいらっしゃるからです。

それに、痛みに治まらず、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気などといった自律神経症状として後遺症が現れることも十分にあり得るのです。事故に遭っても適切な治療を行わず、そのまま放置しておくと上記の症状が慢性化したり、事故の衝撃によって歪んだ部位が神経を圧迫します。そうなると、今度は椎間板ヘルニア、それに伴う坐骨神経痛にまで至ってしまうこともあるのです。

そこまでいくと、事故に遭う前のような普通の生活を送ることさえ難しくなってしまうでしょう。

治療だけでなく、保険の利用に関してもご相談を| 焼津市交通事故治療.com

意外と知られていないのが、整骨院での治療も『保険適応』となるということです。

もし、ご自身が事故の“被害”に遭われたのであれば、自賠責保険を活かした治療が可能です。ですが、残念ながら自損事故は適応といきません。

ですが、加入している任意保険のプランによって、『自損事故保険』や『人身傷害補償保険』、『搭乗者傷害保険』といった特約を利用して治療を行うことができます。また、健康保険はどなたでも利用することができるため、負担を少なく治療を受けることが可能です。当院には、交通事故に精通したスタッフが在籍しているため、保険に関する疑問や不安もお気軽にお話し下さい。

お問い合わせ・ご予約

はる鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせはこちら!
ネット予約はこちらから
住所
〒425-0086
静岡県焼津市小土341-3 エクシオン1階
アクセス
豊田中学校から徒歩3分
受付時間