交通事故に遭ったら | 焼津市交通事故治療.com

交通事故に遭ったら

このようなお悩みはありませんか? | 焼津市交通事故治療.com

このような症状でお悩みではありませんか?
  • 事故に遭ってしばらく経つと調子が悪くなった
  • 事故後から何故か頭痛・めまいが起きて悩んでいる
  • 痛みがあるので整形外科に行ったが、異常無しと言われた
  • 痛みか酷くて寝返りが打てず、ぐっすり眠れない
  • 「むちうち」を治せるところが知りたい

交通事故に遭ったらすぐに病院へ | 焼津市交通事故治療.com

万が一に交通事故に遭うと、その後は警察への連絡や保険会社へのやり取りなどの手配で、忙しくしているうちに日にちが経ってしまいます。特に冬場の積雪の多い地方などでは、事故の処理だけで半日以上かかってしまうこともざらです。

事故に遭った直後からは、脳が興奮してアドレナリンを大量に放出するので痛みを感じる器官が麻痺している状態です。

なので、事故直後は痛みや症状を感じず、それによって病院へ行くのが後回しになってしまい、気付けば痛み以外にも頭痛・吐き気・手足のしびれ・冷えや不眠などの症状が現れて困ってしまうというケースが意外と多いのです。

ですので、交通事故に遭った後は痛みの有無に関わらず、必ずお近くの病院や整形外科で診てもらうようにしましょう。

本当は怖い「むちうち」の後遺症とは?| 焼津市交通事故治療.com

「むちうち」は、体の頚椎が何らかのダメージを受けて“捻挫状態”になっていることで痛みが生じる状態を言います。体を支える頚椎が歪むことで、周辺を取り巻く筋肉が固く硬直し、それによって背骨、骨盤まで歪んでしまい、ついには椎間板ヘルニア、坐骨神経症などを引き起こすのです。

もしそのまま放置していると、さらなる頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気などの「自律神経症状」に加え、腰痛・脚の痺れや歩行障害、それに排尿障害までを引き起こす事態にさえなりかねないのです。

ひとたびそのような症状が出れば、事故以前のような活動(仕事・家事・趣味)に支障をきたすことは明白で、通常の生活を送るのさえ難しくなってしまう可能性もあります。そう言った理由で、むちうちは一日でも早く治療を開始することが鍵なのです。

もし交通事故に遭ったら?ポイントは3つ | 焼津市交通事故治療.com

誰でも交通事故直後はパニックに陥りやすく、冷静な判断ができなくなることが多いです。それは仕方のないことですが、後々出てくるトラブルを避けるためにも、事故後は以下3つのポイントを抑えておきましょう。

ポイント1 速やかに警察に連絡

事故のタイプ(対人・対物・自損・自爆)に関わらず必ず警察には連絡しましょう。

それは事故の当事者で判断せずに、第三者の警察に状況を判断してもらう為です。

それに、保険の手続きには警察が出す交通事故証明が必須です。なので、補償を受けるためにも警察の手助けが不可欠なのです。

ありがちなのが、示談や治療に関わる交渉を現場で行ってしまう事。これは厳禁です。必ず保険会社のような機関を通してやりとりしましょう。

ポイント2 加害者の情報収集を心掛ける

もし、ご自身が被害者の場合ですが、後の保険会社とのやりとりが円滑に進むように、事故相手の免許証、ナンバープレートを書き留めるか携帯電話の写真等に収めておきましょう。その上で、相手の連絡先、勤務先情報、保険会社の情報も聞いておくと良いですね。

ポイント3 目撃情報を集める理由とは?

事故の現場周囲に目撃者がいた場合、その人の証言をメモしたり、動画を撮影したり記録として残しておきましょう。これは後の示談交渉で「過失割合」が変わってくる場合があるからです。

お問い合わせ・ご予約

はる鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせはこちら!
ネット予約はこちらから
住所
〒425-0086
静岡県焼津市小土341-3 エクシオン1階
アクセス
豊田中学校から徒歩3分
受付時間